世界初のフルカラー&マルチマテリアル3Dプリンタ 徳島の紫外線LEDメーカー「ナイトライド・セミコンダクター様」 にアジアで初めてご採用頂きました!

2016年6月の設計・製造ソリューション展(DMS)2016で展示されたばかりの最新機種を、アジアで初めてご採用いただきました。

stratasys_nitride

1.世界初のフルカラー&マルチマテリアル3Dプリンタ、誕生

【1】ものづくりに携わるすべての人たちへ

3Dプリンタ世界No.1シェアのストラタシスが、2016年6月の設計・製造ソリューション展(DMS)2016に出展した新製品が「Stratasys J750」。

J750_AngleRight_Open
J750なら、思い描くあらゆる形状を、切望するあらゆるカラーを、そして言葉では表現できなかった複雑なディテールを、わずか数時間で現実のカタチにできます。
心に思い描いた素晴らしいアイデアが、そのままリアルに実現できます。

【2】デザインするだけで、 あとは、Stratasys J750 に お任せ下さい。

J750は、マルチカラー、マルチマテリアル3DプリンタObjet Connexシリーズの最上位機種として製品ラインナップに加わりました。

同一パーツ内で、最大6種類もの異なる材料を1度に使用することが可能です。360,000色以上のカラーバリエーションを表現できるだけでなく、造形物の硬さや透過性も変えられます。
sample2
積層ピッチは14μmで、非常に滑らかなサーフェイスと超精密な造形が可能です。
また、新型のプリントヘッド採用により、ノズル数が2倍に。造形スピードとプリント品質が向上しました。造形サイズは490×390×200mm。また、従来のSTL形式に加えてVRML形式にも対応しました。

sample1 これにより、リアルなプロトタイプモデルの制作スピードを大幅に向上し、あらゆるアプリケーションに必要とされる視覚的なプロトタイプや、ツーリングやモールド、冶工具などのパーツを作成するなど広範なニーズにも対応します。

【3】従来のワークフローとJ750の比較

workflow J750は、ワンストップの3Dプリントリアリズムを実現。従来必要だった煩雑なポストプロセスを不要とし、 コストやリソース削減し製品プロセスを効率化するのに役立ちます。



2.アジア初採用!徳島の紫外線LEDメーカー「ナイトライド・セミコンダクター様」にご採用いただきました

【1】ナイトライド・セミコンダクター株式会社様のご紹介

徳島県鳴門市に本社を置く紫外線LEDメーカー。2000年 世界で初めてUV-LEDの量産に成功。UV-LEDのパイオニアでいらっしゃいます。
URL:http://www.nitride.co.jp/

【2】代表取締役 村本 宜彦様より

「私たちは、世界初となる最新3Dプリンタを導入したことをとても喜ばしく思います。この数年間、数多くの3Dプリンタを目にしてきましたが、どれも十分とはいえないものばかりでした。

Stratasys J750を眼にしたとき、私は始めてこれが探し求めていた3Dプリンティング・ソリューションであると確信しました。

卓越した最高品質のソリューションをもたらすこの最先端のソリューションを活用することで、弊社内の様々なニーズだけでなく、顧客の皆様からの期待にも十分にお応えすることができると考えています。

これはストラタシスだからこそ実現できる最高の3Dプリンティング技術です。」
ナイトライド様は、Stratasys J750を活用し2016年7月より受託サービスを新規ビジネスとして開始されます。
アジアで初採用して頂き、マイナビニュース他、工業新聞等に同記事が掲載されました。


3.今後は、マスカスタマイゼーション(個別大量生産)への活用も期待

【1】「自分だけのデザイン」のクルマを手に入れることができるダイハツ様事例

3Dプリンティングは、プロトタイプ作成から生産工場での「短納期加工のツール」として拡大していますが、現在ではコンシューマー製品のマス・カスタマイゼーション(個別大量生産)への活用も期待されています。
※マスカスタマイゼーションとは?
顧客の個別要望に応えるカスタムメイドやオーダーメードの特徴を、大量生産(マス生産)のコンセプトを取り入れながら低コストで実現しようとする考え方。
個々の顧客のニーズに合わせた多品種多量生産のこと。