【費用0円で、電気料金削減】いくら削減できるか無料診断できます!

2016年4月より、電力の小売り完全自由化が施工されています。ぜひこの機会に、御社の固定経費である「電力料金」の削減検討をはじめてみませんか?

top

1.業種・業界問わず、電気料金の削減がかなう方法とは?

みなさまの工場では、省エネ機器を導入したり電力量を管理したりして、省エネ活動に取り組まれていると思います。
さらに電気料金を削減できる方法として、最適な電力会社へ切替することができることをご存じですか?

2016年4月より「電力の小売り完全自由化」が施工され、既存の電力会社だけでなく、業種を問わず様々な事業者から電気を購入できるようになっています。

enechange1 日本最大級の電気料金比較サイト「エネチェンジBiz」で、電気代削減額を無料診断させて頂きます!

enechange6
enechange7

2.そもそも、なぜ電気代が削減できるの??

enechange2

3.コスト削減率平均9%!様々な業種でコスト削減可能です

enechange3 enechange4 enechange10 ライト電業岡山でも、年間67万円(約16%)の電気料金削減を実証済み!
コスト削減率の平均は9%。1度のお切り替えで、継続して固定費の削減が実現できます!
※電気の使用状況によっては、コスト削減できない場合もございますのでご了承ください


4.お客様満足度85%達成!エネチェンジが選ばれる3つの理由

enechange5 enechange8 enechange9

5.カンタン!無料診断の流れ3ステップ

【1】御社の現状の資料をご準備頂きます。

入力事項:直近12か月分の電気料金明細書(既存の電力会社サイトからダウンロード可能)

【2】比較サイト「エネチェンジBiz」にアクセスし、無料診断にお申込み下さい。

入力事項:現在の契約内容、担当者の連絡先

【3】エネチェンジBizから、見積と提案書が送付されます。

ご検討いただき、切替する/しないのご判断はお客様にお任せしております。

6.よくあるご質問

【Q1】なぜ、新電力事業者に切替えるだけでコスト削減できるのですか?

【Q2】新電力に切替えて、電力品質は大丈夫ですか?

【Q3】切替費用が必要なのでは?

【Q4】どのくらいの期間で電力会社の切り替えが可能なのか?

【Q5】料金の支払いはどのように行うのか?

【Q6】電力会社を乗り換える際、解約するとき違約金がかかるの?

【Q7】切り替えにあたり、工事が必要ですか?


enechange7