「搬送・停止」から「予防保全」まで。こだわる人に選ばれるモーターとは!?

外部センサもバッテリーも不要で、ピタッと止められる!ワークの多点停止もOK!さらには、装置が止まる前にアナウンスがあり予防保全できる!そんなモーターがあるのをご存じですか?

az_header

1.搬送・停止を行う装置を扱っている方へ。今の停止精度で本当に納得していますか?

こんな課題、オリエンタルモーター製の「ステッピングモーター」に変えるとまとめて解決できます!


v_kadai1
ステッピングモーターなら、理論上の停止位置と実際の停止位置とのズレである角度精度はモーター軸で±0.05°と、停止精度が向上します!

指令に対して同期運転をおこない、正確に移動、狙った位置で精度よく停めることができます。
stop


v_kadai2
sensor_tasuu でも、停止用センサが増えてしまうのでは?
センサの分だけ、配線作業やトラブルの発生源、メンテナンスが増えるのは避けたい!


ステッピングモーターなら、速度と移動量(回転量)をそれぞれ設定することができるため、センサを増やすことなく、停止位置を設定することができます。
機械的ブレーキ削減、ブレーキのメンテナンスも削減できます。
figure5-2

2.新開発のアブソリュートセンサを搭載した「AZシリーズ」なら、メリットいっぱい!

ABZOセンサは、アナログ時計の針と同じ原理で、絶対位置を検出します!

AZ1
az_b1
バッテリにかかるコスト、メンテナンス、保存期間の管理も不要。電装設計の自由度がアップ!海外への輸出規制対策も必要ありません。
az_b2
→アブソリュートシステムでお使いのお客様
電源が落ちた後でも、原点復帰せずに位置決め再開が可能
→インクリメンタルシステムでお使いのお客様
外部センサ不要のため高速・高精度な原点復帰が可能

az_b4
センサ費用/電気設計の時間/配線費用/メンテナンス費用が削減でき、コストダウンが図れます。センサ誤作動の影響を受けません。
az_b5
お客様のお使いになる上位システムに合わせて、複数のタイプからお選びいただけます。I/Oでの制御、タッチパネルでの制御、パルスでの制御など、さまざまな上位システムにお応えできます。

3.予防保全にも!装置が止まる前にアナウンス・メンテナンス出来たとしたら・・・

装置が異常停止すると、著しく生産性がダウンしますね・・・
AZシリーズなら、異常に至る前に状態を把握することで「止まらない装置&適切なメンテナンス」に貢献できます!


■ 適切なメンテナンス時期をとらえて、計画停止によるメンテナンスができます
■ 負荷の経年変化をとらえて、異常停止前にメンテナンスができます


具体的には、モーターの回転数・負荷率などが指定の値になった時に、モーターの運転は継続したまま「お知らせ」を出す「インフォメーション機能」があります。

<出力できるインフォメーション>
・走行距離が設定した値に達するとお知らせ(TRIPメーター)
 ・・・適切なタイミングでのメンテナンスを実現します!
・積算負荷・・・メンテナンス・部品交換の目安が分かります!


qa320_01
他にも、積算走行距離(ODOメーター)、位置偏差、速度、過負荷時間、不足電圧、過電圧、モーター温度、ドライバ温度などがデータ設定ソフトの画面でご覧いただけます。

AZシリーズはクローズドループ制御により位置補正を掛けるため、瞬間負荷の場合でも位置決めは問題なく完了しますが、異物付着や刃物の欠けなどが発生している場合があるかもしれません。 そのような確認にはこのインフォメーション機能で、ワークに影響を及ぼす状況を素早く察知し、お知らせします。




【まとめ】

「こんな駆動・制御はできるかな?」 と少しでもご興味を持っていただけましたら、ぜひお気軽にご相談ください!