【規格】初の食品安全の国際規格「FSSC 22000」

世界規模で食品安全レベルを一定以上に確保することを目的とした認証システムで、消費者に安全な食品を提供することを目的としています。

fssc22000

1.FSSC 22000とは?

昨今、食品への異物混入や偽装表示、ウィルスなどの衛生面での対応等、食の安全に対する意識がますます高まっています。

FSSC 22000は、FSSC【本部オランダ】が新しい食品安全の認証規格として策定。食品安全マネジメントシステムに関する国際規格です。
GFSI(国際食品安全イニシアチブ)によって、ベンチマーク規格の一つとして承認されています。

世界規模で食品安全レベルを一定以上に確保することを目的とした認証システムで、消費者に安全な食品を提供することを目的としています。
 

2.対象組織

次の6カテゴリーの製品にかかわる製造業
  • 腐敗しやすい動物性製品(ハム・ソーセージや乳製品、水産加工物など)
  • 腐敗しやすい植物性製品(果物や野菜のジュースなど)
  • 腐敗しやすい動物性および植物性の混合製品(ピザやサンドイッチ、惣菜など)
  • 常温保存品(缶詰や砂糖など)
  • 化学製品(ビタミンや添加物など)
  • 包装資材(直接もしくは間接的に食品ふれるもの)

3.例えばこんな対応が必要になります


3.認証取得によるメリット

  • 食品の安全な提供に関するリスクの低減
  • 業務効率の改善や組織体制の強化
  • 仕事の見える化による業務継承の円滑化
  • 継続的な改善による企業価値の向上
  • 法令順守(コンプライアンス)の推進
  • 海外企業を含む取引要件の達成

4.HACCPとの違いは?

初の食品安全の国際規格であり、世界標準として利用でき認証の信頼性が高くなっています。 HACCPで盛り込まれていなかったマネジメントシステムの要素を、ISO22000に取り入れた国際規格です。
 

5.食品業界様へのおすすめ商品

food1 【オムロン食品業界向けダイジェスト】
品質・生産性を両立させるオススメ商品
food2【CKD】食品製造工程向け商品FPシリーズ
 
food3【食品業界向け】フードディフェンスで異物混入を防ぐ!
food4【食品業界向け】食の安全を支援するセキュリティシステム